スイミングスクールで泳ぎのレッスン

バタフライ

豪快な動きでスピードも出せるバタフライはかっこいいですね。

バッタとも呼ばれるバタフライは平泳ぎに似た泳法ですが難しいと思っている 人も多く、学校の授業だけで泳ぎを教わってスイミングスクールや水泳教室で 正式に指導を受けていない人は未修得なままではないでしょうか。 どんなフォームで泳いでいるのか理解しがたい、そんな方も多そうですが平泳ぎ から変化しているのでそれほど上級者向けでもありません。 平泳ぎは腕がずっと水中なのに対しバタフライは空中でリカバリーする、これが 両者の違いであとはわりと似通っています。 平泳ぎ最大の欠点である速度も解決しており、クロールには負けますがかなり スピード感のある泳ぎなので観戦者も見蕩れてしまいます。 この空中でのリカバリーはバタフライを豪快に魅せるので、なんとしても良い フォームを身につけて欲しいポイントになります。 リカバリーが始まるのは顔の斜め後ろ側で、あまり後ろに腕を回さないで横方向 をスライドさせるようにして大きく回転させます。 正しく泳げていれば肩から上は水面上に位置しているのでグルンと腕を回すだけで オッケー、とっても簡単です。 腰が使えていないと肩が水中に沈んでしまうのでこの動作に無理が生じ、かなり 背後を腕が旋回することになりますがこれは身体を沈めてしまう原因になります。 腕は背後へ運ぶのではなく、体の真横を通過させるようにしてください。 そのために腰を使って上半身を持ち上げる、これが豪快さの秘訣です。 それが不完全なのに無理して背中側まで腕を持っていくと、身体は沈むし疲れも 溜まる悪いフォームの見本になってしまいます。 2本の腕のリカバリーは腰使いとセットになっているので、腕だけで解決しよう とはしないように気をつけましょう。 戻ってきた腕は頭部の周囲を円に沿って動かして手の平で水をかきます。 手が胸の位置まで下がってきたら水を後方に押し出すようにかいて、そのまま 空中へ飛び出してまたリカバリーです。 キックは難しく見えますが、腕と足のタイミングを合わせることがうまく出来れば あとは複雑なことはしていないのですぐにマスターできると思います。 キックは腕で水を1回かく間に2回行いますが、1回目と2回目では動作が異なる のでそれぞれをマスターすることになります。 どちらも足を揃えてリズミカルに動かしますが、その優雅な姿はドルフィンキック と呼ばれており水族館でイルカを眺めたい人が喜びそうなネーミングです。 バタフライ中のスイマーはドルフィンの気持ちになって水面を疾走しますが、 観戦している人もまるで本物のイルカが目の前にいるかのような錯覚をするほど この泳法はドルフィンにクリソツです。 1回目のキックは腕で水を掴んでない時に行い、前進する力を得ることを目的に 蹴りだすのでこれが弱いとスピードが足りず迫力も欠けてしまいます。 2回目のキックは身体を浮かすためのもので、腕が水中で水を押している時に 膝の曲げられた足で実行されます。 腰も上手に使ってタイミングよくキックが出せるようにするには練習あるのみ、 一度気分良く蹴りだせればあとはスムーズに上達するでしょう。 1,2回目のキックのタイミングは上手な人を観察するか、スイミングスクール のコーチに指導してもらえば会得までの期間を短縮できますし、自宅のパソコン で動画を観てイメージトレーニングすることも近道になります。 ただ平泳ぎや背泳ぎはゆっくりをフォームを確認しながら練習することができる のに対して、バタフライはスローな動きでは数秒で沈没してしまいます。 補助無しだとある程度の勢いを持って練習しなければ練習にすらならないので、 そこにも頭に入れてレッスンしましょう。